スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

犬のためかかりつけの動物病院・獣医師さんは必要?

かかりつけの動物病院、担当の獣医師さんが
いるということは、凄く心強いことです。
人間と同じように、同じ犬種であっても個性があるので、
犬の体質を分かった上で、治療してくださることでしょう。

定期健診の時はもちろん、なんらかの病気の時も、
治療がスムーズにいき、ちょっとした変化であっても、
犬の変化に獣医師さんが気づいてくれます。

8298313.jpg

それだけではありません。
犬自身も、獣医師さんに、その動物病院に行き、
慣れることで、車に乗るのを嫌がったり、
病院自体に行くのを嫌がることがなくなります。
犬のためにも、なるべく動物病院は同じところに通いたいですね。

日頃から気軽に行ける場所にするためにも、
なるべく家の近くで、信頼のおける獣医師さんを、
探すようにしましょう。

スポンサード リンク

スポンサーサイト

犬の治療の場合、セカンドオピニオンは必要なのか?

犬が病気や怪我をしてしまった場合、
セカンドオピニオンは必要なのでしょうか?
といった質問を、知恵袋などで良く見かけます。

同じ動物病院の獣医師さんであっても、
得意分野と不得意分野があるものです。
人間の医師では、脳外科、内科、泌尿器科、産婦人科、
などいろいろな科に分けられているのが、
犬などの動物では、1つのお医者さんに見せるのですから、
当然といえば当然です。

高度な治療や特殊な治療、専門的な、
治療を犬に受けさせたい場合は、セカンドオピニオンを
聞いてみることも1つの方法だといえます。

1464342.jpg

簡単にセカンドオピニオンを受けるのは、
いくつかの病院にて、愛犬をみせることが1番です。
ですが、病院を決めかねずにいると病状が悪化してしまうことも、
あるので、ほどほどにしましょう。

医師の対応、治療方法や費用、方針などに疑問点がないか、
いざという時のために大学病院を紹介してもらえるかなど、
いろいろな点から見て、病院を決めたいですね。
犬のセカンドオピニオンは、人間と同様、よりよい治療を、
受けるために、上手に使っていきたいものです。

スポンサード リンク

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示

  • SEOブログパーツ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

リンク
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking
QRコード
QR
採用職種
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。