スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

ポメラニアンがかかりやすい病気

私の家でもポメラニアンを飼っていた事がありました。
子・母・祖母という3代を飼っていましたが、
とても人懐っこく可愛い犬種です。

ポメラニアンは、小型犬ですので、
骨折や気管支の病気になりやすいので注意しましょう。

ポメラニアン
1326231.jpg

前肢骨折
まだ仔犬の頃のポメラニアンの骨はとても柔らかく、
骨折しやすい状態にあります。
折れてしまった骨の状態によっては、手術することもあるので、
なるべく、高いところから飛び降りたりなどのことがないよう、
気をつけてあげましょう。

膝蓋骨脱臼
片足だけ付けずにかばうような歩き方をしていたら注意です。
小型犬にとっても多い病気です。重度になってしまうと、
手術が必要なこともありますから、歩き方に異変がみられたら、
すぐに動物病院にて診断を受けましょう。

気管虚脱
先天性の病気のことが多い気管虚脱は、
気管がつぶれてしまっていることで、呼吸がしにくくなる病気です。
咳を良くしたり、呼吸の音がいびきのような大きな音に注意しましょう。

乳歯遺残
残存ともいう乳歯遺残は、その名前の通り、
永久歯が生え変わらず、乳歯が残ってしまう病気です。
乳歯の間からえ休止が生えてきてしまうこともあります。

生え変わりの目安は生後1年です。
1年たっても乳歯が抜けない場合は、動物病院へ相談し、
抜歯を行いましょう。

スポンサード リンク

スポンサーサイト

パピヨンがかかりやすい病気

ふわふわっとした毛質と、くりくりっと可愛らしい瞳が、
特徴のパピヨンを飼うご家庭は、近年増えています。
私も大好きで、飼いたい犬種の1つなのですが、
パピヨンは遺伝的に目の病気になりやすいといわれています。
パピヨンを飼う際は、気を付けたいものですね。

パピヨン
3225004.jpg

門脈体循環シャント
何やら聞いたことがあまりない、難しい病名ですが、
門脈体循環シャントとは、肝臓に血を送る門脈とよばれる、
血管の異常のことをいいます。
血液中の毒素が処理されないまま、さまざまな、
支障をきたします。

手術や薬で治療することが出来ますが、
予防や発見が難しいといわれていますので、
発育不良が体重が減っていくようであれば検査を受けてください。

アトピー性皮膚炎
アレルギーの原因はさまざまですが、
室内犬であるパピヨンの場合、ハウスダストが原因となることが、
多いようです。ふけが出ていたり、痒みがあるようなら、
動物病院へ連れていきましょう。
細目にシャンプーをして、清潔を心がけてください。

外耳炎
外耳炎は、パピヨンだけでなく、さまざまな犬種が、
なり易い病気の1つです。耳の中から生臭いような悪臭があり、
犬自身も耳をしきりに気にするようになります。
薬だけでなく、耳洗浄も治療として行われます。

白内障
目がうっすらと白くなってきたら、白内障の合図かもしれません。
早い段階で発見することが出来れば、点眼薬と、
内服薬で病気の進行を抑えることが出来る可能性が高まります。

スポンサード リンク

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示

  • SEOブログパーツ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

リンク
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking
QRコード
QR
採用職種
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。