スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

犬が毎日のように吐いてしまう、突発的に吐いてしまった場合

犬は食べすぎたり、味の濃いものを食べて吐く場合があります。
それは体を正常に保つための生理現象であって、病気が原因ではありません。
その場合、犬は吐くときにも苦しがることもありません。
吐いた後には、何事もなかったかのように元気に行動しています。


病気が原因ではなくても、このように毎日くりかえし吐いていると栄養が
吸収されずに衰弱してしまう可能性もあります。


食べた物を反射的に吐いてしまうときは、巨大食道症などの病気の可能性が
あります。
吐いたものが気管に入ると、肺炎になるおそれがあるので注意が必要です。


生理現象ではなく嘔吐する場合は、病気や中毒のサインだと思わなくては
なりません。
中でも、一日のうちに何度も繰り返して吐く・苦しそうに激しく吐くと
いった場合は重大な病気の可能性があります。


激しく吐く原因としては、有害な薬物や異物を呑み込んだこともあります。
プラスチックや石などの異物によって腸閉塞をおこしている場合には、
吐き気の兆候を見せ腹部が張ってきます。


嘔吐の原因として一番に考えられるのは、胃や腸の病気です。
胃潰瘍・胃捻転・胃拡張などがあり、いずれも緊急に治療しなければ
なりません。


また、先ほど述べたように腸閉塞もあります。
胃捻転や腸閉塞が原因の場合には緊急手術が必要になります。
手遅れとなりショック死するということも少なからずあります。


他に考えられるのは、感染症によるものです。
パルボウイルス感染症・ジステンパー・レプトピラ症・肝炎などがあります。
これらに感染すると、犬は元気をなくし激しく吐いたり下痢をします。
この場合は吐しゃ物や下痢便に血が混じっていることもあり、緊急に
治療しなければ生命にかかわります。


その他、尿毒症・進行した子宮蓄膿症・頭部を強打・中毒などの場合にも
嘔吐します。


いずれの場合でも激しい嘔吐は重大な病気やケガの兆候です。
大至急、受診をして適切な治療を受けさせて下さい。

スポンサード リンク

スポンサーサイト

元気がなく、散歩に行きたがらない

いつも元気なイヌが元気をなくすのは、何らかの病気にかかっているか
ケガをしている可能性があります。人間と同様に、イヌも体調が悪くなると
その行動や表情にすぐに兆候が現れます。反応が悪くなる・あまり動きたがらない
大好きな散歩を喜ばない・好物も食べたがらないなど、いくつかあります。


病気やケガではなく、情緒面の落ち込みから元気をなくしている場合もあります。
飼い主がほかのイヌやネコを可愛がって自分に関心を向けてくれなかったり、
自分が冷たくあしらわれたり、ほかのイヌとケンカをして負けたりと、
自尊心が傷ついたことが原因の場合です。


しかし情緒面が理由である場合は比較的まれです。
元気を失くすほとんどの理由は病気かケガに関係していると考えられるので、
イヌのこのような変化を見つけたら軽く考えずにその原因をつきとめなければ
なりません。


病気やケガをしている場合の症状としては単に元気がないだけではありません。
食欲がない・発熱・鼻水が出る・よだれが出る・吐き気・下痢・体のふるえ・
体の一部をしきりになめる・呼吸がおかしい・歩き方がおかしいなど、
何らかの症状が出ている可能性があります。それらの症状をみて原因を
推測することもできます。


動物が元気をなくすのは、あらゆる病気やケガに共通するもっとも一般的な
サインです。
もしイヌに元気がなく原因がはっきりしない場合には、
放置せずに獣医師に診てもらうことが必要です。まずその原因を突き止めることが大切です。
風邪など軽い病気の場合もありますが、ガンなどの重大な病気に
かかっている可能性も否定出来ないのです

スポンサード リンク

tag : 症状

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示

  • SEOブログパーツ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

リンク
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking
QRコード
QR
採用職種
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。