スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

ミニチュア・シュナウザーの飼い方のコツ

くしゃっとした可愛らしい顔が印象的な、
ミニチュア・シュナウザーは、近年、人気が高まり、
ドッグランやペットショップなどでも、良く見かける犬種となってきました。

そんなミニチュア・シュナウザーの飼い方のコツを紹介します。

1477328.jpg


ミニチュア・シュナウザーの食事の注意点

ドッグフードは、犬種や体重、年齢などに合わせたものを、
選んで与えましょう。健康を維持するためには、なるべく、
人間の食べ物を与えず、ドッグフードを与えるようにします。

生後4ヶ月くらいまでは、1日3回ほどに食事を分けて、
それ以降は、1日2回ほどにシフトしていきましょう。
成犬になると、食事の回数を1回に減らします。
その時の運動量や、消費カロリーなどを考慮して、フードを、
選ぶと良いと思います。

ミニチュア・シュナウザーの肋骨のあたりを触ってみて、
骨の感触があるかどうかを調べます。
骨の感触がない場合は、肥満となり、
逆にゴツゴツしすぎている場合は、痩せ過ぎとなりますので、
ドッグフード選びの参考にしてみると良いでしょう。

ミニチュア・シュナウザーのお手入れの方法

ミニチュア・シュナウザーのコートは、ワイヤーコートという、
コートに分類されます。背中のあたりは綺麗にまとまっていて、
足元はふわっとみせるのが特徴です。

ミニチュア・シュナウザーの脇のあたりや、足は、
毛玉になりやすい部分なので、特に注意してブラッシングをしましょう。

シャンプーをする場合は、ひと通りブラッシングをしたあとに、
行いましょう。コートだけではなく、耳や歯などの、
お手入れも忘れず、心がけましょう。

ミニチュア・シュナウザーに必要な運動量

ミニチュア・シュナウザーがストレスを貯めないように、
肥満にならないように、毎日のお散歩・運動は大切です。

予防接種が済む前は、室内で首輪を付ける練習や、
リードを使って一緒に歩く練習をしておくと、いざ、
お散歩に出るときにスムーズになります。

子犬のうちは、室内やお庭などで、自由に、
遊ばせることが運動となります。
本格的な運動は、半年くらいたってから。
お散歩にいったり、ドッグランなどで運動をさせましょう。

ミニチュア・シュナウザーは、日射病・熱射病にならないように、
気をつけてあげたい犬種でもあります。

ミニチュア・シュナウザーの寝る場所とトイレ

犬小屋やサークルは、常に一定のところに置きましょう。
半分は寝る場所、半分はトイレと区切ってしまえば、
トイレのしつけも比較的楽になります。

室内でミニチュア・シュナウザーを飼う場合、
良く、夜寝る時は飼い主さんと同じベッドで眠り、
昼間は自由に動き回れる環境にしている飼い主さんが居ますが、
これは、ミニチュア・シュナウザーにとってあまり良い環境とはいえません。

寝る場所などを固定しておくことで、
急な来客があった場合も、落ち着いて、サークル内で、
待つことが出来るようになります。
引越しなどやむを得ない場合以外は、なるべく、小屋の位置、
サークルの位置、トイレの位置などは変えないようにしましょう。

スポンサード リンク

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示

  • SEOブログパーツ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

リンク
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking
QRコード
QR
採用職種
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。