スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

パピヨンの飼い方のコツ

パピヨンは、優美で気品な可愛らしくも何処か高貴な、
イメージのある犬種です。順応性も高い犬なので、
上手に育ててあげたいものです。

そんなパピヨンの飼い方のコツを紹介します。

6024305.jpg

パピヨンの食事の注意点

ドッグフードは、近年、いろいろと改良され、
種類が多くなってきています。その中でもなるべく、
質の高いものを選び、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。

子犬のうちは、食事を1日3回~4回に分け、
高タンパク質・高カロリーの柔らかい食事から与えていきます。
生後半年になるくらいまでに、じっくりと時間をかけて、
固いフードへと、変更していきます。

パピヨンは、肥満になりやすい犬種ともいわれていますので、
肥満にならないような食事バランスを考えてあげなくてはなりません。
肥満になってしまうと、心臓病などの病気を引き起こしやすくします。

パピヨンの被毛のお手入れ

子犬の時期は、あまりお手入れをするほど、
被毛がないかも知れませんが、小さいうちから、お手入れに慣れる、
という意味でも、早めに始めたほうが良いでしょう。

毎日、ブラッシングをすることで、
皮膚トラブルにも、いち早く気付くことができます。
乾いた被毛をグルーミングするのは、よくありません。
コートオイルやコートドレッシングを使ったり、静電気防止の、
スプレーをかけてあげてからするようにしましょう。
耳の飾り毛は、切れやすい部分なので、注意しながら、
ブラッシングしましょう。
シャンプーは、月に2回ほどが理想です。

パピヨンのしつけやトレーニングについて

お手入れと同様、なるべく早い時期から始めることで、
しつけもしやすくなります。根気よく、おやつを与えながらたくさん褒め、
好きにならせるように覚えさせるのがポイントです。

時に間違ったことをしてしまった時には、
厳しくしつけることも大切です。誰が偉いのかという、
主従関係もこういったことから、学んでいきます。
名前を呼びながら叱るのは、逆効果ですので、やめましょう。

パピヨンの性格はちょっとナイーブ?

パピヨンは、割とナイーブな一面も持ち合わせていて、
外に出て新しい音を聞いたり、見たこともないものに出会うと、
ビックリとしてしまうことのある犬種です。

しかし、パピヨンに生活リズムを合わせることはなく、
勇気づけながら、飼い主さんの都合で、行きたい場所に行き、
食事を与えてあげましょう。

スポンサード リンク

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【パピヨンの飼い方のコツ】

パピヨンは、優美で気品な可愛らしくも何処か高貴な、イメージのある犬種です。順応性も高い犬なので、上手に育ててあげたいものです。そんなパピヨンの飼い方のコツを紹介します。■パピヨンの食事の注意点ドッグフードは、近年、いろいろと改良され、種類が多くなってき...

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示

  • SEOブログパーツ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

リンク
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking
QRコード
QR
採用職種
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。