スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

愛犬の出血は病気のサイン?重篤な可能性もあるため、動物病院へ

犬が出血するのには様々な原因があります。
いかなる場合でも、犬が出血していたら緊急事態だと考えるべきです。


出血には体の内部からと外部からのものがあります。
出血場所がどこか分かれば、ある程度その原因を予測することが可能です。


体の内部で出血が起こった場合には、血液が口や鼻から流れ出ます。
嘔吐物に混じるか、尿や便に混じることもあります。


考えられる原因としては、内臓の損傷、口中か喉に異物がささってる、
毒物を食べた、重い肝臓病、ガンなどがあります。
重い肝臓病にかかっている場合には、2~3日以内に死亡する可能性が
大きいので特に注意が必要です。


犬の吐いた血の色から、出血場所が分かる場合もあります。
黒っぽい血を吐いた場合は胃、明るい色の鮮血であれば肺と考えられます。


肛門から出血している場合は、肛門腺が細菌に感染してを炎症を起こして
いると考えられます。


下痢をしていて血便が出る場合には、肝臓病などの重大な病気にかかっている
可能性があります。


尿に血が混じっていたり尿道からの出血がある場合には、生殖器か泌尿器の
病気が疑われます。


メスであれば乳腺からの出血もあります。
この場合には細菌感染が疑われるので、子犬への授乳を即やめる必要が
あります。
不妊手術をしていなければ生理で出血している場合もあります。


体の外部で出血が起こっている場合、そのほとんどがケガが原因です。
軽い傷で出血している程度であれば、飼い主が消毒してやれば自然に治って
いることが多いでしょう。


しかし骨折の可能性があったり、内臓が見えていたり皮膚が破れていたり
すれば緊急事態です。
すぐに獣医師の治療を受けさせて下さい。


また、犬は非常にガンにかかりやすい動物です。
特に年をとった犬では珍しくはありません。
ときどき被毛を撫でて皮膚に異物がないかチェックしてください。
ガンが進行しないうちに発見し、早期に治療することが必要です。

スポンサード リンク

tag : 症状

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示

  • SEOブログパーツ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

リンク
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking
QRコード
QR
採用職種
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。