スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

愛犬の毛が抜ける?脱毛症?換毛期?

犬の毛は常に少しずつ抜けています。
その後に、新しい毛が生えてきて、正常な状態を保っています。
これは、人間や他の動物も同様です。


特に犬の毛は、毛根にある皮脂腺から分泌される脂肪に覆われています。
これによって、毛も皮膚も保護されているのです。


犬は特に初夏の頃に、著しい脱毛をします。
これは、気温が上昇することに体が反応して、冬毛が抜け落ちるためです。
これを換毛といいます。
正常な状態を保つためのものなので、病気の心配はありません。


しかし、初夏から夏にかけての季節ではないときに、全身の毛、または
体の一部の毛が異常に抜けるようであれば、要注意です。


疑われるものとしては、ホルモン分泌の異常による病気があります。
たとえば、クッシング症候群などです。


この場合、はじめのうちは両耳の毛が薄くなってきます。
そして、しだいに四肢を除くほとんど全身の毛が左右対称に抜けてきます。
こういう状態になれば、ホルモン分泌の異常だと考えたほうがいいでしょう。


ほかに、皮膚病や外部寄生虫の寄生なども考えられます。
ホルモン性皮膚炎などの皮膚病には、色々な原因があります。
その時には、脱毛と同時に、ほかの症状が見られる場合がよくあります。
適切な治療をするためには、獣医師の診察を受けて、原因を突き止める必要が
あります。


部分的に脱毛している場合には、ノミやダニなどの寄生虫が疑われます。
その中でも、犬によく見られるものとしは、アカルス(毛包虫症)、
犬疥癬、ノミアレルギー皮膚炎などがあります。


真菌に感染して、白癬になると、直径数ミリから数センチの円形か楕円形の
脱毛が起こります。


また、急性の湿疹のために、腰や脇腹にこぶし程度の大きさの脱毛があり、
皮膚が湿疹になることもあります。


いずれにせよ、脱毛の原因は素人にはなかなか突き止められません。
放置しておいては、慢性化したり、症状が悪化してしまいます。
早急に獣医師の診察を受けることが大切です。

スポンサード リンク

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示

  • SEOブログパーツ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

リンク
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking
QRコード
QR
採用職種
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。