スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

愛犬の体重管理|痩せてきた、太ってきた

生活環境が変わったわけでもないのに、犬が急にやせたり太ったりしたら、
注意が必要です。
何らかの病気が原因となっていると考えられます。


とくに問題なのは、食欲がありながらも、やせてきた場合です。
疑われるものとしては、心臓病、糖尿病、膵臓病、腸炎、腸内寄生虫の寄生
などの病気です。


食欲がなくてやせてきた場合には、慢性の病気にかかっている疑いがあります。
膵臓疾患や小腸の病気にかかっていると、ときどき吐いたり、下痢をするので、
結果として体重が減ってきます。


また、腫瘍ができていたり、発熱が続いている場合も、栄養の吸収が
悪くなってやせてきます。


7~8才以上の中型犬や大型犬が、太って動きが鈍くなる場合があります。
毛が抜けて皮膚が見えるようになったら、甲状腺ホルモンの分泌が悪化して
いると考えられます。
これは、甲状腺機能低下症という病気です。


元気はあり、水をよく欲しがり、おなかが膨れてきたら、クッシング症候群と
いう、副腎の病気が疑われます。
どちらも獣医師の診察が必要です。


病気ではなく、やせの原因として意外に多いのは、栄養失調です。
飼い主は、犬が太りすぎることを心配に思いがちです。


そのため、食べ物の量を減らして、たんぱく質や、脂肪分をほとんど与えない
場合があります。
必要な栄養分までも摂取できないため、犬は栄養失調となってしまい、
やせすぎとなります。


この状態では、体力とともに、病気に対する抵抗力も低下します。
かえって病気にかかりやすくなるので、飼い主は注意が必要です。


また逆に、カロリー摂取量が運動量のバランスが悪く、太ってきた場合が
あります。
改善しないでいると、しだいに心臓や四肢に負担をかけるようになります。
さまざまな病気を引き起こす原因となります。


人間同様、犬にとっても、体重の変化は健康状態のバロメーターになります。
飼い主は、適度な運動と食事の管理をして、犬の健康を守ってあげましょう。


スポンサード リンク

tag : 症状

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示

  • SEOブログパーツ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

リンク
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking
QRコード
QR
採用職種
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。