スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

犬の足がマヒしている

犬の足にまひを起していることがあります。
これは、長い間、首の骨や背骨に無理な力が加わるような生活をしてきた
犬によく見られます。


また、事故によって背中を強打し、椎間板ヘルニアになり、後半身または
全身のまひを引き起こしている場合もあります。


椎間板ヘルニアとは、脊椎の骨と骨の間にはさまっている椎間板が、
押し潰されて、はみ出している状態です。
はみ出し部分が、背骨のなかを通ってる脊髄という神経や、そこから
枝分かれしている末梢神経を圧迫するために起こります。
とても強い痛みと、しびれを伴う重い症状です。


ダックスフンドのような胴長短足の犬が年をとったり、激しい運動を
繰り返しているとなりやすい病気です。
遺伝的な理由によることが多いと言う説も言あります。


そのほかに、椎間板ヘルニアを引き起こす原因としては、無理に首を
引っ張ったり、のけ反らせたり、ひんぱんに急な階段を昇降させることが
あります。
このときには、頸椎の椎間板ヘルニアを起こすことが多いです。


ごく軽い程度のヘルニアであれば、絶対安静の状態をしばらく続けると、
症状が改善することもあります。


しかし、これより重い状態のときは、激痛と後ろ足または4本足のしびれが
あるために大変苦しみます。
犬は、体を動かすことを嫌がるようになります。


重度の椎間板ヘルニアになると、全身がほとんどまひ状態になり、痛みすらも
わからなくなってしまいます。
この時には、手術によって椎間板の脱出した部分を除去するなどして、
脊髄の圧迫を取り除く必要があります。


その手術をしなければ、普通の生活をおくれるようにはなりません。
しかし、それが不可能である場合には、安楽死を考えなければならないかも
知れないのです。

スポンサード リンク

tag : 症状

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示

  • SEOブログパーツ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

リンク
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking
QRコード
QR
採用職種
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。