スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

犬が震える、怯える、けいれんする

寒いときでなくても、犬が小刻みに体をふるわせていることがあります。
これは、病気によるものの場合と、それ以外の原因の場合があります。


犬は非常に利口で繊細な動物です。
私たち人間と同じように、とても強い不安や恐怖に襲われると、体がふるえて
止まらなくなる場合があります。
ひどく興奮したり、脅かされた場合も同様です。


小型の犬ならば、カミナリの音を聞いただけでも恐怖に襲われて、
そのような状態になることも珍しいことではありません。
全身をふるわせ、半狂乱になることもあり、またはひどく呼吸が荒くなったり
します。
まるで心臓病の犬が発作を起こした時のような状態です。


犬が恐怖や不安、ショックのためにいつまでもふるえが止まらない場合には、
ともかく犬を安心させてあげることが必要です。
たとえ飼い主でなくても、犬を抱きしめて優しく話しかけ、安心させてやれば
犬は次第に落ち着きを取り戻します。


人間のように、犬は寒いときにもふるえます。
中でも、小さいころから家の中で生活をしている犬はそうです。
急に寒気の中に出ると、体温を上昇させるために体がふるえるのです。


痛みのために、ふるえる場合もあります。
おなかや背中に痛みがあるときには、全身のふるえが出ます。


けいれんのようなふるえを見せる時もあります。
けいれんのようなふるえが止まらない場合には、低体温症の可能性が
あります。
これは、重い病気やケガのために体が衰弱し、体温が下がった危険な状態
です。


ほかに、中枢神経の異常、低血糖症、内分泌異常、尿毒症、中毒、
大きなケガによるショック症状などの場合にもけいれんのようなふるえを
見せます。


寒さや精神的な理由によってふるえている場合には、体を温めてあげたり
安心させてやれば次第に収まります。


そうではなく、いつまでもふるえが止まらなかったり、異常なけいれんを
見せるようなら緊急事態です。
至急、獣医師に診せて治療をしてもらうことが必要です。

スポンサード リンク

tag : 症状

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示

  • SEOブログパーツ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

リンク
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking
QRコード
QR
採用職種
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。