スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

ミニチュア・ダックスフンドがかかりやすい病気

ミニチュア・ダックスフンドは、
胴が長く、足が短いという特徴があります。
そのため、骨や関節などの病気に注意しなくてはなりません。

ミニチュア・ダックスフンド
4847914.jpg

椎間板ヘルニア
椎間板とは、背骨の脊椎と脊椎を繋いでいるクッションのような
役割をしている部分のことです。
椎間板ヘルニアは、この椎間板が潰れてしまい、
飛び出ることにより、痛みが発症します。

投薬や手術にて治療が行われます。

フラフラとしながら歩いたり、辛そうに歩いていると、
椎間板ヘルニアの可能性があります。
高いところから飛び降りた時などになりやすいので注意が必要です。

膝蓋骨脱臼
ミニチュア・ダックスフンドに限りませんが、
小型犬に多いのが膝蓋骨脱臼です。
生まれつき膝の関節が外れやすいミニチュア・ダックスフンドや、
トイ・プードルなどに多い病気です。

片足だけ引きずっているような歩き方や、
片足を地に付けずに歩いているようであれば、膝蓋骨脱臼の
可能性があります。

溶血性貧血
赤血球が壊れて貧血になったり、黄疸がみられる病気です。
尿が黄色くなるのが特徴で、投薬にて長い目で治療が必要です。

予防が難しい病気とされています。
息切れを頻繁に起こす、少しの散歩でも疲れているようであれば、
動物病院にて血液検査を行ってください。

スポンサード リンク

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示

  • SEOブログパーツ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

リンク
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking
QRコード
QR
採用職種
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。