スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

犬のワクチン接種で防げる病気

毎年、春になると犬の予防接種の季節となります。
ワクチン接種は、死に至ることもある病を、
未然に防ぐ大切なものです。

愛犬が万が一病気になってしまうことも考えられるので、
ワクチン接種は、なるべく受けるようにしましょう。

951329.jpg

ワクチン接種で予防出来る病気

・狂犬病
狂犬病はほぼ100%、死に至る怖い病気です。
人にうつることもあるため、ワクチン接種が義務付けられています。
近年、各地にできているドッグランにおいても、
このワクチン接種が済んでいることが確認出来なければ、
入場することが出来ないようになっています。

・ジステンパー感染症
感染した動物の鼻水や排泄物などからうつるため、
知らないうちに感染する可能性のある病気です。
有効な治療法はまだ見つかっていなく、致死率も高い病気なので、
接種しておくべき病気です。

・レプトスピラ症
人にも感染する恐れのある病気です。
レプトスピラ症には、いくつかの型があり、症状も違うため、
対応が難しく、重症化してしまうこともあります。

・コロナウィルス感染症
成犬の場合、比較的、症状が軽く済みますが、
子犬の場合は、嘔吐や下痢から脱水症状を起こしやすくなり、
危険な病気です。パルボウィルスと混合感染すると危険度が高まります。

・パルボウィルス感染症
死亡率の高い病気の1つで、腸炎型・心筋型の2種類があります。
腸炎型は、嘔吐や下痢などの症状が出るため、脱水症状に、
気を付けなくてはなりません。
心筋型は、呼吸困難で突然死に至ることもあります。
伝染力も強い病気なので、注意が必要です。

・伝染性肝炎
アデノウィルス1型によって、肝臓に炎症が起こります。
目が白くにごるブルーアイや、嘔吐、発熱、下痢などが、
症状としてあらわれます。

・パラインフルエンザ
伝染力が強く、広まりやすい病気です。
風邪のような症状が特徴となっていて、症状はそこまで、
重くありませんが、ケンネルコフなどの他の病気を、
併発する恐れがあるので、注意しましょう。

犬の病気を防ぐワクチンはさまざまです。
お金がかかることですから、良く家族と話し合い、
なるべく多くのワクチンを接種してあげられると良いと思います。

スポンサード リンク

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示

  • SEOブログパーツ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

リンク
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking
QRコード
QR
採用職種
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。