スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク

ワクチンの種類が多くて、犬にどれを受けさせればいいか分からない

犬がワクチンで予防出来る病気は、
狂犬病、ジステンパー感染症、伝染性肝炎、
アデノウィルス感染症、パラインフルエンザ、
パルボウィルス感染症、コロナウィルス感染症、レプトスピラ症の、
計8個になります。

全て受けることが出来るならば、それが1番良いのでしょうが、
ワクチン接種にはお金もかかることですし、
病院によっても、何を優先的に受けるのかは方針が違います。

2127598.jpg

狂犬病ワクチンは、法律で年1回受けることが定められています。
なので、こちらは必ず接種するようにしましょう。
その他のワクチンは、全て、飼い主さんの任意です。

動物病院で相談すると、その地域で流行っている病気なども、
踏まえて相談に乗ってくれます。
しかし、同じ地域の獣医師さんでも考え方で、
ワクチンの選び方がことなってきますので、信頼の出来る、
獣医師さんにきちんと相談し、後々後悔のないよう、
ワクチン接種をするようにしましょう。

スポンサード リンク

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示

  • SEOブログパーツ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

リンク
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking
QRコード
QR
採用職種
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。